テレビで紹介された人気スポットや観光地、さらにはレシピなど… グルメを中心とした話題の情報を!

気になるグルメ。

お土産 スイーツ [お店]

京都「緑寿庵清水」/未来シアターで紹介!日本で唯一の金平糖専門店

更新日:

未来シアター

2013年12月21日(金)/日本テレビ

[京都・観光/お土産/グルメ情報]

日本から消えゆく金平糖(こんぺいとう)… 日本で唯一の金平糖専門店『緑寿庵清水』
作るのに1ヶ月以上かかる究極の金平糖とは?

 

一味同心〜受け継がれる一子相伝の技〜/金平糖職人 清水 誠一・泰博

ゲスト 久本雅美(55歳)

 

400年もの歴史を持つ「コンペイ糖」ですが、今 日本から消えつつあります。
そんな中、京都に金平糖だけを作り続けるお店があります。

日本唯一の金平糖専門店

『緑寿庵清水』

多くのお客さんで賑わうお店の秘密は、
巨峰、天然水サイダー、めろん、苺、蜜柑、檸檬…
金平糖の概念を覆す多彩な味!

さらに、驚くべきはその値段!! 決して安くはありません。

季節限定/極上 丹波黒豆うす紫 1篭箱入り 5,040円
赤ワインの金平糖 木箱入り 8,400円

しかし、その価値を認め、他の金平糖とは全く違うと売れているそうです。

職人が作るコチラの金平糖は、完成までに2週間以上かかります!

江戸時代には日本の花形菓子であった金平糖は、
昭和に入るとキャラメルやチョコレートなどの
海外のお菓子がもてはやされ、苦境に立たされました。

そこで立ち上がったのが、4代目の清水 誠一さん(72歳)

積極的に海外の味も取り入れ、新たな金平糖を生み出しました。

究極のチョコレートの金平糖
究極のブランデーの金平糖

その革新者の技を受け継いでいるのが息子・泰博さん(49歳)
今年、金平糖職人となって20年目
最も作るのが難しいという大豆を核に作る金平糖

わずかな音の違いを聞き分け温度を見極めて作ります。

究極の宝来豆の金平糖/正月らしい紅白の金平糖です。

V6・長野博 が結婚した際の贈り物に!

➡  2016年11月30日のフジテレビ「ノンストップ」で紹介!

V6 長野博&白石美帆 食通カップル 11月29日(イイニクの日)に結婚!
関係者にメッセージと共に贈られたのが、『緑寿庵清水』の金平糖だったそうです。

 

■ なぜ 金平糖だったのか?コンペイトーに込めた思い
 ※ ノンストップの独自調べ

マンガ「美味しんぼ」47巻より
金平糖は一昼夜にしてできるものではなく、長い時間をかけて根気よく作られるもの
そういう夫婦関係を作るべきだと、金平糖の話をした 義理の父で食通の 海原雄山の心中を推察するシーンがある

ブライダル関係者によると
金平糖は2週間かけてじっくり大きくなるので、愛情や絆などをじっくり育むことに通じる

『緑寿庵清水』の店舗情報

[住所]  京都府京都市左京区吉田泉殿町38番地の2
[食べログ] 評価 3.60 ★★★☆/TOP5000 (口コミ 138件時点)

京都府京都市左京区吉田泉殿町38番地の2



スポンサードリンク

スポンサードリンク

-お土産, スイーツ [お店]

Copyright© 気になるグルメ。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.