気になるグルメ。

テレビで紹介された人気スポットや観光地、さらにはレシピなど… グルメを中心とした話題の情報を!

お手軽!簡単レシピ アレンジレシピ レシピ 定番料理のレシピ 節約レシピ

サタデープラス「水島流 誰でも作れる超簡単ローストビーフのレシピ・作り方/紫吹淳×話題の弱火調理人」

サタデープラス

2016年12月24日(土)/TBS

[弱火調理・科学的レシピ/定番料理/ローストビーフ]

料理の新常識!"弱火こそ料理を美味しくする" という話題の科学調理法の第3弾‼
今回の2品目は、年末年始に食べたい!
 クリスマスイブに教える オススメのパーティー料理&定番!水島流のローストビーフ
ポイントは120℃で調理すること!安いお肉でも絶品に!
 低温で調理することでジューシー&柔らかく仕上がり冷めても美味しい!
▼ ブドウを劇的に美味しくする弱火調理法!
 ローストビーフに合う最強の付け合わせは葡萄&マスカット!?
▼ オーブンでほぼ ほったらかしでOK!
安い牛肉で良いので お店で買うより格段に安く作れるので節約にも!

 

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

紫吹淳(48歳) 本気の婚活!話題の弱火調理人
強火が料理をまずくする!誰でも作れる!

2⃣ 「超簡単ローストビーフ」のレシピ・作り方

難しいイメージのあるローストビーフも実は簡単!
水島流の低温調理なら 誰でも作れる "絶対に失敗しない 簡単ローストビーフ"

レシピ紹介者:料理研究家・水島弘史 先生

だまされたと思って試してほしい 料理の新常識 [水島弘史]

価格:842円 感想(3件)

水島流!ローストビーフの極意

ローストビーフの一般的な作り方
→ 160℃~180℃の高温で焼き、その後 低温で蒸すなど
→ この作り方だと 表面が硬くなってしまう…

絶対失敗しない!ローストビーフを作る極意
温度は変えず 最初から最後まで120度
→ 細かい温度調整は不要!低温でじっくりと焼くだけ!

※ 焼いた後に93%の重さになるのが理想!
 参考). 焼く前:500g → 焼いた後:465g
※ 軽くなる=水分が抜ける → パサパサの状態のローストビーフに

材料 (2人分) 参照:公式HP

・牛肉(肩、モモなど/ブロック肉) 500g
・塩 小さじ2/3  ・コショウ 適量
・ブドウ 500g
・セルバチコ(ルッコラ) 適量

[ソース]
・はちみつ 30g(大さじ2)
・水、しょう油 各20g(大さじ1と1/3)
・ビネガー 小さじ1
・コワントロー 10g(小さじ2)

※ 番組では500g 695円のモモ肉(ブロック・塊肉)を使用
→ 材料費 1,000円程度!安いお肉でも絶品のローストビーフが作れる!

作り方

① 牛肉は表面(お肉全体)に油(適量/分量外)を塗る
※ 焼いた時にお肉の表面が焦げないよう(表面が乾かないよう)に油を塗る
② 牛肉とブドウを120℃で 40分ほど焼く
※ 牛肉は塊のまま バット&網の上にのせ、(余熱した)オーブンレンジで低温で焼く
※ ブドウはそのまま(房/皮付きのまま)焼くだけで 絶品の付け合わせに!
→ 低温で焼くと、水分を残しつつ 甘味が凝縮される

③ 焼き始めて20分後、お肉だけ一度 ひっくり返す
④ 焼き上がった牛肉の全体に塩を振る
⑤ フライパンで 表面に焼き色を付ける
※ 表面をサッと焼くだけなら固くならない
※ 焼き時間の目安:各面20秒ほど/焼き色をつけるだけ!

⑥ 5分ほど冷ましたら、食べやすい厚さに切り分けて…  完成‼
※ アルミホイルに包んで熱を冷ます(落ち着かせる)
→ 肉を落ち着かせずに(熱いまま)切ると肉汁が流れ出てしまうので注意!
※ 優しくなでるように切る




▼ タレ・ソースなどはコチラを参照!

テレビで紹介されて人気の「簡単ローストビーフ」のレシピ・作り方

➡  フライパンで作れる「簡単!ローストビーフ」のレシピ・作り方/PONで紹介!
➡  ナイナイアンサー「辻仁成特製③ 真空低温ローストビーフのレシピ・作り方/真空低温調理法・北斗晶のぶっとばし料理レシピ」
➡  ノンストップ「クリスマスにピッタリ!オーブン不要!真空湯煎調理で簡単ローストビーフのレシピ・作り方/V6 坂本昌行のOneDish」

-お手軽!簡単レシピ, アレンジレシピ, レシピ, 定番料理のレシピ, 節約レシピ