気になるグルメ。

テレビで紹介された人気スポットや観光地、さらにはレシピなど… グルメを中心とした話題の情報を!

未分類

芸術ハカセ/葉加瀬太郎が選んだ…スゴすぎ芸術家12人

芸術ハカセ ~人生が面白くなるアートの新説~

2016年09月13日(火)/テレビ朝日

[芸術・美術・音楽/偉人/ランキング・ベストセレクション]

葉加瀬太郎が選んだ12人の芸術界の偉人。意外と知らない 仰天エピソードが続々!
「芸術がもっと好きになる!偉人たちのスゴすぎエピソード 3時間スペシャル」
▼ 音楽家・ベートーヴェンはスパイだった!?
▼ 歴史的大発見!? シェイクスピアにゴーストライターがいた⁇
▼ 世界一 難しいと言われてる 幻の名曲?

 

スポンサーリンク

スポンサードリンク

 

葉加瀬太郎が選んだ…スゴすぎ芸術家12人
最新説でわかった!伝説秘話&ミステリーの真相 3時間SP

葉加瀬太郎が熱弁!音楽家のスゴすぎる伝説エピソード
▼ 葉加瀬太郎が自ら選んだ芸術界の偉人たち。そのイメージが変わるスゴすぎエピソードを紹介!
 バッハ、モーツァルト、フランツ・リスト、パガニーニ、ウィリアム・シェイクスピア、クララ・シューマン
 ブラームス、ベートーヴェン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、伊藤若沖、パブロ・ピカソ、シン・ゴジラ

出演者(MC)・葉加瀬太郎、滝川クリステル

音楽の父 ヨハン・セバスティアン・バッハ (1685~1750)

■ とんでもない仕掛けが隠されたバッハの天才ぶりがわかる楽譜

バッハが楽譜に秘めた仕掛けは?
➡ 楽譜を前後から同時に弾くと見事にハモる曲

 

・葉加瀬太郎が「♪G線上のアリア」を生演奏
 曲名の由来:後のバイオリニストが編曲した際、4本の弦の内の1本 "G線" のみで弾ける曲であったことから名付けられた

・音楽の教科書でおなじみのバッハですが、当時は全くの無名の音楽家だった
→ 今では "音楽の父" と呼ばれるバッハですが、死後100年間は ほぼ忘れ去られていた
→ 生きていた間も 約1000曲ほどの作曲をしたが、人気があった作曲家ではなかった
→ 無名だった理由は… 主に 教会や宮廷に曲を納めたから(市民に向けて音楽を書くことはなく、民衆に流布することはなかった)
→ 死後100年ほど経って音楽誌で特集され、バッハの才能に世界が気付いた

希代の天才作曲家 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (1756~1791)

■ 大天才が作った バッハを超えるとんでもない仕掛けの楽譜
※ 葉加瀬太郎 曰く "奇跡の楽譜"

上下逆さまで演奏可能な奇跡の曲 謎過ぎる天才の楽譜「♪鏡のカノン」

 

・3曲ぶんを1曲にしたような贅沢な曲
「♪アイネ・クライネ・ナハトムジーク」= ある1つの小さな夜の音楽




» Qさま!!/現役 東大生・京大生が選んだ「天才だと思う偉人BEST30」
» Qさま!!/現役 東大生・京大生が「スゴイと思う日本の偉人BEST40」
» Qさま!!/現役 東大生・京大生が「スゴイと思う20世紀の偉人ランキングBEST30」
» Qさま!!/外国人が選んだ「世界に影響を与えた日本人ベスト25」

NEXT » 音楽界 史上No.1モテ男が作った 世界最高難度の曲…

-未分類

ページ: 1 2